肉が食えなかった話

学生時代に一人暮らしをしてるのですが、両親との約束で家賃や、その他諸々全部自分で払うのはもちろん、扶養を外れるほど稼いだらいけないというやくそくでした。

これがキツイことキツイこと。

まず飲み会にはほぼほぼ参加できません。幸い奢ってくれる先輩が現れ、今は、なんとかなってます。

それでも、他に交友費が必要になって来ます。そのために普段の食事代をなんとか減らそうと、工夫しまっくってます。

まず、タイトル通り肉は食えません。高いんで。安くて、腹に溜まるものが必要です。お世話になっているのが、パスタ。

これがとても安い。500グラムで二百円ちょっとです。

これが主食な訳ですが、簿僕の食べ方を見たら、イタリア人が本気のラリアットをすると思います。

まず、ミートソースなどのソースは高いのでかけません。かけるのは塩オンリー。
基本塩です。

もちろん夏になったらそうめん風にめんつゆにつけて食べたりもしましたがね。そんな生活が一年つづきいた時、学校の寮に欠員が出て家賃が大幅に下がり、人並みの生活を送れるようになりました